×

CATEGORY

HOME»  冠茶ってどんなお茶?冠茶の特徴と美味しい淹れ方

冠茶ってどんなお茶?冠茶の特徴と美味しい淹れ方

冠茶は、煎茶と玉露の中間の味わいを併せ持っているお茶として知られています。こちらでは、冠茶の特徴と、美味しい淹れ方についてご紹介します。

冠茶について

冠茶について

冠茶は、「熱湯玉露」や「かぶせ玉露」と呼ばれることもあります。玉露と同じく、新芽が出てから収穫するまで、日光を遮断して生育します。

玉露の場合は、20日間ほど日光を遮断しますが、冠茶はそれよりも日光を遮断する期間が短く、2週間ほどです(一般的には短くて3日、長くて10日くらい)。冠茶は、玉露の甘みや旨み、そして煎茶の風味を持った贅沢なお茶です。

冠茶の美味しい淹れ方

冠茶の美味しい淹れ方

冠茶の基本的な淹れ方をご紹介します。

ステップ1

人数分の湯呑みを用意し、お湯をそれぞれ8分目まで注ぎます。

ステップ2

湯冷まし(なければ代用品)に湯呑みのお湯を注ぎ、80度まで冷まします。

ステップ3

1人あたり約3gを目安に、人数分の茶葉を急須に入れます。

ステップ4

急須に80度まで冷ましておいたお湯を注ぎ、1分ほど蒸らします。

ステップ5

急須の中で茶葉が開いているのを確認し、湯呑みに最後の1滴まで注ぎます。最後の1滴には、冠茶の美味しさが凝縮されているといわれています。

お茶のみやぞの園のかぶせ茶

お茶のみやぞの園では、八女茶を販売しています。かぶせ茶は、お湯の温度や抽出する時間によって、やや味が異なります。熱めのお湯で抽出時間が短いほど煎茶に近い爽やかな味になり、ぬるめのお湯で抽出時間が長いほど玉露に近い旨み中心の味をお楽しみいただけます。ぜひ、その日の気分で淹れ方を変えて、かぶせ茶の魅力をご堪能ください。

八女茶をお探しでしたら、お茶のみやぞの園へお問い合わせください。お茶の旨みと風味にこだわった八女茶を販売しています。かぶせ茶の茶葉は柔らかく、よじれた細長い葉で深い緑色をしています。1本1本にツヤがあり、とてもきれいなのも、かぶせ茶ならではです。お茶のみやぞの園では、かぶせ茶をはじめ、煎茶や白折もご用意していますので、ぜひお試しください。

八女茶・冠茶をお探しの方へ

店舗名 お茶のみやぞの園
住所 〒834-1222 福岡県八女市黒木町笠原10285−2
電話・FAX番号 0943-42-4420
メールアドレス info@ochanomiyazonoen.jp
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
駐車場 5台
取扱商品 お茶・八女茶
URL https://www.ochanomiyazonoen.jp/

CONTENTS

CATEGORY