×

CATEGORY

HOME»  味わい深いお茶の種類~煎茶・深蒸し煎茶・白折・粉茶・番茶・ほうじ茶~

味わい深いお茶の種類~煎茶・深蒸し煎茶・白折・粉茶・番茶・ほうじ茶~

お茶には様々な種類があります。同じ茶葉が製法によって違う味わいになるなんて、奥深さを感じませんか?一口飲めばホッとする、様々なお茶の特徴をご紹介します。

お茶の種類

お茶の種類

煎茶

緑茶の中で最も親しまれているのが、煎茶です。摘み取った新芽を、すぐに蒸して揉み、乾燥させて作ります。最も美味しい煎茶は、春の新茶の時期に採れる「一番茶」です。

深蒸し煎茶

通常の煎茶の2倍ほど長く蒸して作るのが、深蒸し煎茶です。長く蒸すことで渋みが抑えられるため、マイルドな口当たりと濃い色が特徴です。お茶のみやぞの園では、上煎茶として販売しています。

白折

煎茶などを作るときに出る茎で作るのが、白折です。すっきりとした軽めの味わいで、甘い香りを感じます。白折・茎茶・雁が音・棒茶など、地域によって呼び方が変わりますが、同一のお茶であると認識しておいてください。

粉茶

煎茶などを作るときに出る粉は、粉茶として販売します。粉末茶や抹茶とは違いますので、深蒸し急須やお茶パックで淹れます。しっかりとした味わいが楽しめますので、濃いお茶がお好みの方におすすめです。

番茶

伸びすぎたり、硬くなったりした茶葉や茎で作るのが、番茶です。淹れた時の色味に違いがあり、煎茶・深蒸し煎茶・白折・粉茶は緑色が強く、番茶は茶色が強いです。

ほうじ茶

煎茶や番茶を150~200度の高温で煎って作るのが、ほうじ茶です。高温で煎ることで香ばしい香りが出て、渋みや苦みを減らすことができます。ご家庭でも、フライパンやホットプレートでほうじ茶を作れますので、違った味わいを楽しんでみたい時などにぜひお試しください。

白折の美味しい淹れ方

白折の美味しい淹れ方

渋みが少ないお茶がお好みの方におすすめなのが、八女茶の白折です。煎茶のような濃さではなくすっきりとした味わいなので、気軽にお召し上がりいただけます。

淹れ方次第では、茎が持つアミノ酸も上手に抽出できるので、一層美味しさが深まります。淹れ方のポイントは、熱めのお湯でサッと淹れることです。

80~90度のお湯を注いだら、30秒程度で飲み頃です。また、一煎目だけでなく二煎目以降も、抽出時間を長くしていくことで茎独特の香りと爽やかな味わいをお楽しみいただけます。

お茶のみやぞの園では、八女茶の煎茶や白折など、様々な種類のお茶を販売しています。それぞれ味や風味が異なりますので、ぜひたくさんのお茶をお楽しみください。高級な八女茶は、ご家庭用はもちろん、贈答品にも最適ですので、ぜひお茶のみやぞの園でお買い求めください。

八女茶・白折を購入するならお茶のみやぞの園

店舗名 お茶のみやぞの園
住所 〒834-1222 福岡県八女市黒木町笠原10285−2
電話・FAX番号 0943-42-4420
メールアドレス info@ochanomiyazonoen.jp
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
駐車場 5台
取扱商品 お茶・八女茶
URL https://www.ochanomiyazonoen.jp/

CONTENTS

CATEGORY